最近話題の、スポーツシューズについて。

こんにちは。(こんばんは)

Dunamisの屋久です。

 

昨日、

ニュースの中で、

NIKEのシューズが、大会での使用禁止になる方向と、話題になっていましたね。

ある特定の厚底シューズらしいですけど、走りを助けるような素材(反発しやすい)になっていて。素人でもわかるほど、はき心地が違うそうです。

(新記録、個人ベストなど、量産されているようです)

実は、いろいろなスポーツ選手が話題にしていて。以前から、カラーによっては、発売すぐに完売、プレミアムがつくほどの大人気だったそうです。

 

さて、この話題……わたくしは、すぐに頭に浮かんだのが、2008年に発売された、

レーザーレーサー!

SPEEDO社から発売されてすぐに、世界記録と自己新記録を量産。

2年後の2010年に、国際水泳連盟によって、大会での使用を禁止することとなりました。

 

そうなんです!

今現在、布や、素材の品質が向上することで、

動きを楽にしたり、衝撃を和らげたり、体温を調整したりと。

とんでもなく、トレーニングウェアは進歩していのです。

 

そこででてくるのが、

選手が試合中に使うことが、

良いのか⁈

悪いのか⁈

これです。

あくまでも、選手の動きを少し助けたり、体温を、完璧に調整してくれるわけではなく、選手の実力はウェアが左右するものではない。

という考えと。

プロや、世界レベルの大会であれば。選手による自身の力、努力の積み重ねを発揮して、試合にのぞむべき。

だからこそ、ウェアの性能で優位に立つことは良くない!

という、二つの意見にわかれます。

 

わたくし個人としては、やはり後者の意見です。

使えばわかります!

最近のスポーツウェアは、一秒、二秒と、タイムにしっかりでるほどの性能を持っています。

これは、今後もいろいろな競技で、でてくるのではないかと思います。

 

自身力のみで競うのか、ありとあらゆることを工夫して競うのか、とても難しいですけど、なにより選手には影響のないように、ルールを決めて欲しいものですね。


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!