血糖値の乱高下を防ぐことが健康的に痩せるポイント!

『Dunamis』『Champaca』兼任の清水です。

 

血糖値とは。

血中のブドウ糖(糖質)を数値化したものです。ブドウ糖は主に炭水化物に多く含まれています。血中のブドウ糖はすい臓から分泌されるインスリンと結合してグリコーゲンという物質に変わり肝臓や全身の筋肉へと貯蔵されます。ここで重要なのは肝臓や筋肉が蓄えられる量には限界があるということです。

 

 

食べ過ぎが血糖値上昇となり体脂肪へと変わります。

蓄えられなかった余分なグリコーゲンは体脂肪となってしまいます。この状態がいわゆる食べ過ぎです。一度に過剰な食事を摂ることは急激な血糖値の上昇を生み出し肥満体を作ります。

 

 

血糖値の急上昇を防ぐためには。

①3食決まった時間に食べること。

②極端な空腹時間を作らないこと。

③糖質の多い炭水化物を野菜とお肉の後に食べること。

 

このような食生活のサイクルを作れば血糖値の急上昇を防ぐことができます。血糖値の急上昇は健康を害します。血糖値の急上昇を繰り返していると動脈硬化を引き起こし脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気の原因となります。

 

 

血糖値乱高下の原因は糖質制限。

過剰な糖質制限は体調不良を引き起こします。集中力や記憶力の低下、眠気の原因となります。また、体内の糖質が枯渇した状態で糖質を摂ると通常時以上の血糖値の乱高下を生んでしまいます。更に、体脂肪を燃焼しなくなってしまいます。

 

 

過剰な糖質制限はリスクが多いダイエット方法だと思います。糖質を適正に制限することは大切ですがそれ以上に大切なことは血糖値の急上昇と糖質の枯渇状態を作らないことです。血糖値や糖質と向き合って痩せやすく太りにくいカラダを作りましょう。


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!