ヘッドセラピーの「気持ちいい」のワケを解説します!

みなさん、こんにちは!(こんばんは!)

 

マンツーマン専門トレーニングジム北葛西Dunamis、浦安Champaca兼任パーソナルトレーナーの浅野です!

 

 

今週も先週のブログに引き続き「頭」に関してお話させていただきます。

 

 

頭と顔の筋肉について

頭と顔には約30もの筋肉があります。

この中で頭痛を誘発する筋肉が存在します。こめかみ〜顎までの筋肉がそれにあたります。

 

つまり、その部分を十分に使わない状態でいると、血液が滞りコリ固まります。

それが頭痛に繋がるというわけなんですよね。

 

北葛西 Dunamis、浦安Champacaでおこなうヘッドセラピーでは頭皮だけでなく顔の施術もおこなうので、もちろんこの部分もほぐします。

 

 

頭のツボは自律神経系を整える

東洋医学の話になりますが、全身あらゆるところにツボが存在しますが、ツボの総数の30%以上は首から上にあると言われています。

 

ヘッドセラピーやヘッドマッサージをするということに対して、「全身が良いのに頭だけしかやってくれないの?」とよく言われてしまいますが、ツボの数を見れば理由は明らかですよね。

 

私自身もツボに関しては少しナメていた(笑)ところもありますが、ツボを軽く刺激するだけで効き目を実感できます。

 

頭のツボは全て自律神経系を整えるのに役立つと言われています。

自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。これが自律神経失調症です。

生活リズムの乱れや日常で受ける過度なストレス、脳疲労や眼精疲労の積み重ねがその原因となり得ます。

 

逆に言えばヘッドセラピーの中でおこなう頭のツボ押しは様々な身体の不調の解消にも役立つということです!

 

 

浅野オススメのツボ4選!

その数ある中で私がヘッドセラピーを実際に受けた時に特に気持ちの良かった(施術前と後で違いがわかりやすかった)頭顔のツボがあります。

  • 天柱(てんちゅう)
  • 風池(ふうち)
  • 完骨(かんこつ)

まずはこの3つ。いずれも後頭部の頭の骨(後頭骨)の際のところにあります。頭と首の境目といった方がわかりやすいかも知れませんね。

頭痛、首肩のコリ、目の疲れなどに効能があると言われています。

 

おそらくこれらへのアプローチで、私も“目が冴える”感覚が得られました。

 

4つ目のオススメツボは、

  • 太陽(たいよう)

こめかみ辺りにありますが、効能としては眼精疲労、頭痛、老眼の軽減です。

ここは骨もあるのでそんなに強く押さないほうがいいでしょう。

 

既にヘッドセラピーもスタートしており、徐々に受けていただいています。

施術後の感想も好評で、私としてもやりがいのある頭ばかりで非常に楽しんでます。笑

 

またもう少し皆さんの声が集まったらここに載せますので、気になっている方はそれもご参考にした上で、ぜひ1度体験に来ていただきたいです!

 

お待ちしてまーす!

 


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!