その痛み、諦めないで!加圧トレーニングで軽減できます♪

皆さん(^^)こんにちわ!こんばんわ!

マンツーマン専門トレーニングジム(加圧/TRX/VIPR/ペアストレッチ/整体/ダイエット/コンディショニング) 『Dunamis北葛西』&『Champaca浦安』兼任トレーナーの西岡遥陽です!

筋肉や関節の痛み、ありませんか?

体が動きにくいなぁ。なんだか重いなぁ。関節が痛いなぁ。

一度は経験したことがあるのではないでしょうか?原因は様々ですが…

  1. 運動不足
  2. 体重の増加
  3. 筋力低下
  4. 高齢化
  5. 栄養不足

などなど、人それぞれちがいます。

運動をしていても、怪我をして関節を痛めてしまったり。大体は、筋力が追いつかずに動きに耐えられず炎症を起こしてしまうことが多いです。

 

また、体重が増えすぎてしまい、関節&筋肉が耐えられない。自分の体を自分で支えきれなくなってしまった場合もありますね。

 

運動不足が大きな原因!?

カラダを動かさなければ、筋肉は落ちます。代謝も落ちます。消費カロリーも減るので太ります。

いいことがひとっつもありませんね!!!

日常生活の歩く、走る、などの動きは動かさないよりかは筋肉を維持することはできますが、強化することは難しいです。筋肉を増やす、強くするためには、しっかりと筋肉に刺激を与えてあげることが大切になります。

 

筋肉を強化するには、

筋トレ

にチャレンジして見ましょう♪

日常生活の動きでは20%ほどしか筋肉は使われません。筋肉を強くするためには60〜70%使ってあげる必要があるため、楽々できてしまう運動ではなかなか難しいです。負荷をかける、もう動けなくなるところまでやるのが大切。人それぞれ合った重さや負荷も違う為、1人ではなかなかできませんよね。

 

すでに関節を痛めてしまったり、サビを感じている方には、痛みの少ない動きや種目を行なって、筋肉を鍛える方法があります。痛みがあるから全く動かさない、というのは場合にもよりますが間違いです。

パーソナルトレーナーをつけて、正しいトレーニングのフォーム、回数や負荷を行なって筋肉をつけていきましょう。

 

加圧トレーニングで痛みを軽減しましょう!

実際にDunamisに通われているメンバーさんで、肩の筋を痛めてしまい、整骨院の先生には捻った動きや重りを持つのは辞めるように言われたそうです。

一度はキャンセルしようとお話をしていましたが、加圧トレーニングはもともと、リハビリから生まれたトレーニング法なのです。

軽い負荷でも筋肉には刺激を与えて追い込むことができる、怪我をしている人、筋トレが初めての方でもできるトレーニングです。

肩を痛めてしまった場合、重いダンベルを扱ってトレーニングをしてしまうと、さらに筋を傷付けて痛みが増してしまったり、まず動かすことが難しいですよね。フォームが崩れ、肩以外にも無駄な負荷がかかり、他の場所にも痛みが出てしまう場合も。

安静にするのが一番か?と思いがちですが、動かさないと筋力低下、さらに固まってしまうと痛みも増してきます。

そのメンバーさんは、加圧トレーニングを行なっていた為、上半身は”加圧サイクル”というトレーニング法を取り入れました。

 

痛みを和らげる『加圧サイクル』とは?

通常、加圧トレーニングを行う際は、上半身のトレーニングの場合は腕の付け根に専用ベルトを巻き、下半身の場合は足の付け根に巻いて行います。

血流を制限していくので、止血するわけではありません。トレーナーがそばで手の赤みをチェックしたり、その人に合わせた圧を機械を使って数値で調整します。

ビリビリと痺れる感覚や、特にダンベルなどは持っていないのにトレーニングをした後のダルさを感じるのが特徴です。

血流を制限しながら行うことで、脳は血液が足りない!と錯覚を起こし、血液を体に送ろうと頑張ります。そのため、トレーニングを行う際にでる”成長ホルモン”も通常トレーニングの3倍出ると言われています。

成長ホルモンの働きとして、脂肪燃焼の促進、筋肉合成の促進、代謝を上げるなど、いい働きがおおいですね!

ダイエットの方にも筋肉をつけたい方にもおススメです。

特に女性の方には、美容目的にも使えます。代謝を上げることで老廃物の排出を促して肌ツヤが良くなったり、血流が良くなるため、冷え性やむくみの解消にもつながります。

とっても手軽で画期的なトレーニングの道具なんです(^^)♪

筋トレに組み合わせて行う他に、リハビリ目的では、圧を強めたり、弱めたりを繰り返し、血流を良くする『加圧サイクル』というトレーニング法もあります。

この方法は、寝たきりの運動が難しい方や、足腰が弱くトレーニングが難しい方、怪我をして動かすのが厳しい方にもできる方法です。

カラダを動かさなければ筋肉は動かずに血流も悪くなるばかり。そこで加圧トレーニングで内側からの負荷をかけて、筋肉を動かしているように血流を流して上げることで、筋肉が固まるのを防いで解してくれます。

筋肉は柔らかく柔軟性も取り戻し、張りを抑えて痛みを和らげます。

その痛み、諦めないで〜!

痛いから動かさないように…

思うように体が動かないってつらいですよね。

みなさんの悩み、トレーニングで解決できるかもしれません。

安静にしてください、運動して筋肉をつけてください、よく病院の先生に言われることはないでしょうか?

1人ではトレーニングもなにをすればいいのかわからない、安静にしていても一向に治らない方、是非一度Dunamis/Campacaで軽くカラダを動かしてみましょう。

 

 


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!