災害をとうして、今の身の周りを、しっかり見つめ直す

こんにちは。(こんばんは)

Dunamisの屋久です。

 

よくここで、防災をテーマにあげてます。

改めて、やはり日本って多いですね。

大阪で台風の後に、こんどは北海道で地震。

いつ、どこで、何が起こるかわからないのが、災害です。だからこそ、いつでも備えておかなければなりません。

 

皆さんはどうですか?

家で災害があったときに、さっと持って、すぐに家を出れる様に、準備している物はありますか?

お水や、ライト、救急用品などなど、災害が起こってからでは、なかなか揃えることが難しいものです。

 

実際に、

東日本大地震の時、

一人暮らししていたわたくしは。

当時コンビニが中心の食生活を送っていたので、よく覚えていますが、コンビニからお弁当、おにぎり、カップラーメン。

トイレットペーパー、ティッシュに至るまで、一週間ほど全く手に入らなかったのを、今でも覚えています。

 

今回も、一件しかないコンビニや、ガソリンスタンドに長蛇の列ができていて、買いたい物が全く手に入らない。

そうなんです!

考えることは、みんな同じなんです。

まずは、食べ物、お水の確保!

そしてその次が、トイレ、だそうです。

嘘のようですが、実際に震災にあわれた方から、お聞きしたのですが。

食べ物や、飲み物に関しては、救援物資がすぐに届くので、あまり困らなかったそうです。

しかし、トイレだけは、どこも排水ができずに、ひどい環境で一番苦労したと、当時の様子を語ってくれました。

 

みなさん、備えるなら早めが良いですよ。

災害にあうことは、とても大変なことです。

ですが、それに対して備えているか、備えていないかで、大変さがまったく変わってくると思います。

 

今度、今度と後回しにせず、今すぐに行動に移しましょう。


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!