筋トレをして体の水分率をUPさせましょう! 熱中症対策にもなります。

皆さんこんにちわ!Dunamisの阿部です。ダイエットやボディメイク、健康増進に用いる筋トレ。実は熱中症対策にだって効果があるんです!まだまだ暑さが続く夏!毎年やってくる夏!に備えて筋トレをしましょう!

体の約60%は水分です。

アスリートだと体の水分率は70%程。一般の方は約60%。年齢とともに低下していく傾向があり、少ない方では50%程。
この違いは、どこにあるのでしょう。それは、筋肉量にあるんです。
筋肉は水分を蓄える役割も持っています。実は筋肉の60%は水分が占めているんです。
筋肉は貯水池のような役割をしているんですね。

そもそも体内の水分の役割とは?

  • 栄養素や酵素を、体内に運ぶ
  • 汗や尿として体内に排出させる
  • 発汗により体温を調節する etc…

水分率が少なくなるとこれらの働きが阻害され、必要な栄養は行き渡らず、老廃物は体内に溜め込みやすくなります。
発汗をして体温を調節することかできなくなるのです。これが熱中症を招く原因にも。
また、お肌が乾燥してしまったり、筋肉が枯渇し足がつりやすくなったり、運動のパフォーマンスの、低下にもつながります。

あなたは水分不足?セルフチェックをしましょう!

  • 口が渇く
  • 肌が乾燥する
  • 脇の下が乾燥する
  • つりやすい
  • 便秘気味
  • 爪を押し(白くなるくらい)離してから赤みが戻るまで3秒以上かかる

これらに当てはまるのであれば体の水分が、不足している可能性があります。
お水を飲むなど、体外から水分を取り入れること、筋肉量を増やし水分の貯水池を手に入れて、暑い夏の熱中症対策をしましょう!


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!