パスタは食べても太らない!嘘?本当?

皆さんこんばんわ!!Dunamisの阿部です。
近頃『パスタは食べても太らない』というような情報を耳にしませんか?わたし自身もつい数日前、朝のニュースで放送されているのを目にしました。本当でしょうか?『パスタは食べても太らない』の根拠を知りましょう!

『パスタは食べても太らない』について検索してみました

糖質制限ダイエットが流行する中、嬉しい研究結果が発表された。糖質の源として他の炭水化物と一緒にされてきたパスタが実際は食べて太らないどころか減量にも良いことが研究で明らかになった

「パスタ食べても太らない」_カナダ研究https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180404-00010002-newsweek-int

 

カナダ・トロントの、セント・マイケルズ病院の研究チームは、2500名近い被験者を対象にGI値の低い健康的な食事を心掛け、炭水化物はパスタのみを食べる生活を送るという実験を行ったところ、体重や体脂肪率の増加にはつながらずに、被験者の体重は3ヶ月で平均0.5kg減量したとの結果を発表しました。とのことでした。

パスタを食べても太らないと言われる理由は?

パスタが低GI値食品であることが大きな理由とされているようです。
GI値とは、血液中の糖の濃度を表すものです。食事を摂り、血糖値が急上昇するとインスリンというホルモンが大量に発生し、脂肪をたくわえやすなるのです。
太りにくい食事方法の一つの手段として、このGI値をあげにくくする低GI食品を取り入れることがあげられます。
パスタはその、低GI食品の一つなのです。

この研究ですと、パスタそのものが減量に繋がったというよりは、低GI値を心掛けた食事をし、その中(炭水化物)にパスタを取り入れた結果、減量に繋がったといえます。

パスタを食べても太らない!というのはちょっと大袈裟…?

パスタは低GI食品なので、お米やパンなどの炭水化物に比べると血糖値があがりにくいですが、エネルギーになることには変わりないので、食べたら体の中でエネルギーとして使われますし、食べすぎたら余ったエネルギーは脂肪として蓄えられ、太ります。
つまり、、、食べても太らないということはありません。。。

研究同様、低GI食品の一つとして取り入れるこのとは良いと思いますが、『食べても太らない』という感覚でパスタばかり食べてしまうのは返って逆効果です。

【〇〇ダイエット!】【ダイエットに〇〇が良い!】などのワードだけに食いついてしまうのは危険です。。

たくさんの情報が飛び交う世の中ですが、その根拠を探り、取り入れるべきなのか、ご自身に合ったダイエット法なのか判断をすることが大切ですね。
わたしも自身の健康と、皆さんの健康をサポートするために日々、情報収集に努めたいと思いますm(__)m


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!