パスタは低GI食品ですが…食べ方に気をつけましょう!

皆さんこんばんわ!Dunamisの阿部です。
前記事であげた『パスタは食べても太らない』でパスタは低GI食品の一つだということをご紹介しました。が、わたしはダイエット中の方には『パスタ推し』しません。ダイエット中の方にパスタ推しできない理由。

これはこのブログを書いた日のわたしのランチです。(普段パスタはあまり食べません。何故ならお米が好きだから…) 皆さんパスタを注文したら、この一皿でお腹を満たしますよね?(この一皿を食べますよね?っていうのを伝えたくて仕方なくパスタです。笑)

この一皿で摂れる栄養素って何でしょうか?

人間の三大栄養素とされる【炭水化物・脂質・たんぱく質】はバランスよくとれているのでしょうか??
この写真で分析すると、
パスタ→炭水化物の割合が多。
トマトのソース→炭水化物の割合が多。
チーズ少量→脂質の割合が多。
…ほぼ、炭水化物ですね!
このパスタに限らず、パスタ一皿に含まれる栄養素のほとんどは炭水化物になります。

炭水化物(糖質)の摂りすぎは太ります!
もちろん、大切な栄養素ではありますが、摂りすぎは太りますし、これではその他の必要な栄養素が充分に摂れません。

パスタを食べるなら、パスタの量を控えて+α何か摂れると良いです。食べ方さえ工夫できれば、低GI食品のパスタはダイエット中でもありです!むしろオススメします!

ですが外食ですとなかなか難しいと思います。そこがオススメできない理由(T ^ T)

筋肉の材料、たんぱく質を摂れる食事を心掛けましょう!

1日に摂取して頂きたいたんぱく質量は、体重1kgにつき1〜1.2g。(運動をしている方であればもっとです)
体重50kgの方であれば、50〜60gということになります。
鶏肉や豚肉、魚などのメインのおかずを1人前食べても15〜20g程しか摂取できないんです。(部位や物によって異なりますが…1人前の目安はこれくらいです)
毎食しっかりとたんぱく質を摂取することを心掛けないと、なかなかノルマには達成しません。
1食をほぼ炭水化物しか食べていないとなると、ノルマ達成は難しくなるかと思います。

丼物や麺類には少し注意をしましょう。

パスタ同様、炭水化物の割合が多くなりがちです。バランスよく、色々な栄養素を摂れる定食などをオススメします♪

 


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!