限界突破への鍵!トレーニングは1人じゃないからもっと頑張れるんです!

みなさん、こんにちは!(こんばんは!)

マンツーマン専門トレーニングジム北葛西Dunamis、浦安Champaca兼任、浅野です!

 

2018年のGWいかがでしたか?

浅野は4日午後〜5日の午前までをオフにして、茨城県の波崎に行ってました。
「波崎」はサッカー合宿の聖地とも言えるところで、チームは様々でしたが、なんだかんだで小学生の頃から毎年合宿で訪れていた地でした。
今回は大学時代に在籍したサッカークラブの現役の合宿に参加してきたんです!(OB会の現役担当理事を務めてまして…)
もう新入生は一回り以上年下で…時の流れを感じました…笑
天気も良く顔はバッチリ日焼けしました!!
ただ、サッカーではその一回り以上も年下の後輩達に弄ばれてしまいました。笑

休み期間中も頑張って通ってくれたメンバーさんもいらっしゃいました!

北葛西Dunamisや浦安Champacaどちらもやはりご家族で旅行や帰省などをする方が多く、比較的空いていました。

それでも逆に「GWはどこ行っても混んでるし家でゆっくりするよ」ってメンバーさんも多くて、連休中頑張って詰めて通ってくれた人もいました。

あるメンバーさんは、土日のどちらか週1ペースでDunamisに通っていただいてますが、平日の仕事で凝り固まった身体をガッツリ動かして、軽ーくなってまた翌週に備えるといった流れだったのですが、今回は頑張りました。

全部で4回も来ていただいて、見る見るうちに身体の動きが良くなったんです!ご本人も実感していたようで「やっぱ普段の身体のダル重い感じは仕事のせいだね。というか座りっぱなしじゃそうなるよね」と。

もちろん詰めてトレーニングしたので、筋肉痛は感じるし決して疲れていないわけではなかったようですが、身体の軽さや動きやすさは普段のそれとは全く違ったと感じていました。

 

「絶対自分だけじゃこんなにできない」

またそのメンバーさんもそうですが、最近他のメンバーさん達からもよく耳にするのが、「自分ではここまで追い込めない」というフレーズです。

何も浅野が皆さんに対して特別な魔法を使って、普段以上の力を出せるようにしてるわけではありません。笑

自分が思っている以上の力を出せるのには理由があります。心理的限界と生理的限界の差がその1つと言えます。

どちらも読んだ字の如くですが、心理的限界は「あぁもうダメだ。キツイ…もうできない」と思ったところで、生理的限界とはヒトが本来もっている潜在的な能力の限界値を言います。

筋力で言うと、一般的には心理的限界を感じる点は生理的限界(本来の筋力)の約70%と言われています。まだまだいけるじゃん!って思った方、素晴らしい!笑

 

厳しく、そして温かい?トレーナーの目

ただ生理的限界まで毎回のトレーニングで追い込んでいたら身がもたないでしょう。というか、100%は確実に出せないと言えます。

なので、トレーニングが危険に至らない程度に心理的限界を超えることが、より効果的なトレーニングをする鍵になります。

先ほど浅野(や他のトレーナー)は特別な魔法を使わないとは言いましたが、この心理的限界<生理的限界の見極めをして負荷設定をしています。

心理的にはツライところからもう少しやるのでメンバーさんにとっては厳しい目ですが、実は効果を出すことを考えれば温かい目とも言えますよね!

パーソナルトレーニングを受けているほとんどのメンバーさんがそれを実感していて、効果を出すことに繋がっているんですね。

まぁこれは論より証拠、ぜひ1度ご体験をお申込みください!限界突破の鍵、ここですよ〜。


マンツーマン・少人数専門のスポーツジム。江戸川区北葛西のDunamis(デュナミス)千葉県浦安市のChampaca(チャンパカ)公式サイトです。

ダイエット、加圧トレーニング、運動不足解消など目的は人それぞれ。楽しんで理想の体を目指しましょう!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!